アンチエイジング

アンチエイジング

いつまでも若々しくアンチエイジングと食事

アンチエイジングと食事

多くの人は実年齢よりも若い外見をずっとキープしたいと思っていて、アンチエイジングに強い関心を持っているのではないでしょうか。
※参照: アンチエイジングとは?
しかし残念なことに自然の摂理として、月日が過ぎると人は必ず年老いるものであり、いつまでも10代や20代の外見でいることは不可能です。
とはいえあきらめる必要はありません。
毎日健康的な食事をとったり、ストレスを上手に解消したり、睡眠や運動など良い生活リズムをキープしたりすることで、アンチエイジング、つまり若返り効果をある程度得ることができるようになります。
アンチエイジングを普段から心がけている人とそうでない人では、見た目の老け方に大きな違いが出てきます。

「孫子は優しいよ」

皆さんは「孫子は優しいよ(まごこはやさしいよ)」という言葉をご存じでしょうか?
これは体によく、アンチエイジングにも良いといわれる食べ物の頭文字をとったものです。

ま:豆類
ご:ごま
こ:米(なるべく玄米)
は:わかめ(海草類)
や:野菜
さ:魚
し:しいたけ(キノコ類)
い:いも類
よ:ヨーグルト(発酵食品)

これらの食品は健康や美容に良いものとして知られているものばかりなので、アンチエイジングだけでなく、健康目的でも普段から積極的に摂るべき食品です。

彩りゆたか、5色の食品

バランスの取れた食事

また、白、黒、赤、緑、黄の5色の食品を毎回の食事の時にとれるように意識するのも有効だそうです。

 5色の食材例
 白・・・米や麺などの炭水化物、キノコ、たまねぎ、カリフラワー、卵の白身、ヨーグルト
 黒・・・海藻類、黒ごま、黒豆、ナス
 赤・・・トマト、にんじん、赤ピーマン、赤身肉、マグロ、エビ、カニ、いちご
 緑・・・ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草
 黄・・・卵黄、チーズ、かぼちゃ、みそ、かんきつ類、サツマイモ

活性酸素は体をサビさせ、老いを促進させると言われますので、抗酸化成分ポリフェノールなどの含まれる食べ物を積極的に摂ることが進められています。
さらに美容のためには、ビタミンやたんぱく質、食物繊維が必要です。
キメの細かい肌や筋肉を作り、お通じを良くしてくれるからです。
ダメだと分かっていながらついしてしまうのが食べ過ぎですが、代謝するためにたくさんのエネルギーが使われてしまうためやはり老化を促してしまいます。
アンチエイジングのためには、腹八分目を心がけなければなりません。
いつまでも若々しくありたい人は、毎日の食事をバランスよく、食べ過ぎないようにしなければなりません。

↑ PAGE TOP